ホーム > 資産管理 > 1955年以降、物価が最も上がったときは何年でしょうか?

1955年以降、物価が最も上がったときは何年でしょうか?

1955年以降、物価が最も上がったときは何年でしょうか?

2022年は物価が上昇しつつありますが、今までに国内で物価が最も上がった年はいつだったのかご存知でしょうか。

1974年の物価上昇率23.2%が過去最高

1973年に勃発した第四次中東戦争によってオイルショックが引き起こされ、1973年は物価が11.7%上昇、1973年は23.2%上昇しました。1955年以降では、1974年の物価上昇率23.2%が過去最高です。

物価の上昇(インフレ)による資産の目減りを抑えたい方は、以下の記事を参考にしてください。

インフレ局面の資産運用とは>>
投資と投機の違いとは?>>
1,000万円貯まったらどうする?>>

本サイトの記事は(株)ZUUが情報収集し作成したものです。記事の内容・情報に関しては作成時点のもので、変更の可能性があります。また、一部、インベスコ・アセット・マネジメント株式会社が提供している記事を掲載している場合があります。 本サイトは特定の商品、株式、投資信託、そのほかの金融商品やサービスなどの勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません。本サイトに掲載されている情報のいかなる内容も将来の運用成果または投資収益を示唆あるいは保証するものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようお願いいたします。 当サイトご利用にあたっては、下記サイトポリシーをご確認いただけますようお願いいたします。