ホーム > 資産管理 > 1,000万円貯まったらどうする?気をつけたいこと・検討したいことを解説
(画像=lovelyday12/stock.adobe.com)

1,000万円貯まったらどうする?気をつけたいこと・検討したいことを解説

貯金が趣味で、「1,000万円を貯めたものの、ここからどのように運用していけばよいかわからない」という人もいるのではないしょうか。今回は、1,000万円が貯まったら気をつけたいこと、1,000万円が貯まったら検討したいことを紹介します。

1,000万円が貯まったら気をつけたいこと

まずは、「1,000万円が貯まったら気をつけたいこと」を2つ紹介します。

①ペイオフ制度

1,000万を貯めた人が知っておきたいのが、「銀行預金のペイオフ制度」です。ペイオフ制度とは預金保険制度とも呼ばれ、万が一金融機関が破綻した場合、預金者の保護や資金決済の履行が確保される制度です。

具体的には、利息のつく普通預金・定期預金などについては、1金融機関につき預金者1人当たり「元本1,000万円までと破綻日までの利息等」が保護されます。逆に言うと、それを超える部分は、破綻した金融機関の残余財産の状況によっては戻ってこない可能性があるのです。

なお、主に企業が営業資金の決済のために使っている当座預金や、利息のつかない普通預金などは、全額が保護されます。

金融機関が破綻することは滅多にありませんが、1,000万円以上を1つの口座に預けておくということは、「破綻時には戻ってこないかもしれない」というリスクを負うことを意味します。

②インフレリスク

インフレリスクにも気をつける必要があります。インフレとは、モノの価値が上がり、現金の価値が下がる現象のことです。

去年は1本100円で売られていたジュースが、インフレによって、今年は1本200円になったとします。去年は100円出せば1本買えましたが、今年は200円出さないと買えません。つまり、100円(現金)の価値が相対的に目減りしたわけです。

現在日本で急激なインフレが起きる気配はありませんが、1,000万円以上を銀行口座に置いておくと、「インフレが起きたときに相対的に価値が低下する」というリスクを負うことになります。

1,000万円が貯まったら検討したいこと

ここからは、「1,000万円が貯まったら検討したいこと」について解説します。結論からいえば、資金の一部を投資に回して「お金に働いてもらうこと」ことを検討しましょう。ここでは、「フロー」と「ストック」の2つの視点で見ていきます。

毎月の貯蓄額を減らして積立投資に回す

1,000万円を貯めることができた人であれば、おそらく「毎月○万円は貯蓄する」とルールを決めて、しっかり貯金ができるでしょう。そこで、毎月の貯蓄額の一部を積立投資に回してみてはいかがでしょうか。

例えば「月10万円は貯蓄する」という人は、その半分の5万円を積立投資に回すといったイメージです。1,000万円の貯金があれば当面は生活費に困ることはないでしょうから、心理的な負担がなければ、10万円すべてを積立投資に回してもよいでしょう。

投資初心者の場合、まずは少額でもよいので「投資に触れること」が大切です。毎月のフロー(収入)の一部を投資に回すことを検討しましょう。

貯金の一部を投資する

毎月のフロー(収入)の一部を投資に回しつつ、ストック(貯金)の一部を投資に回すのもよいでしょう。

現在は超低金利なので、1,000万円を銀行に預けていてもほとんど利息が付きません。メガバンクの普通預金金利は0.001%であり(2021年4月現在)、1,000万円を1年間預けたとしても利息はわずか100円です。

ただし1,000万円の投資余力があるからといって、一気に多額の投資をしないように気をつけましょう。多額の投資をして、短期間に大きな損を出してしまったら、それまでコツコツ貯めてきた努力が水の泡です。

経験と勉強を重ねながら、少しずつ投資金額を引き上げていくとよいでしょう。

分散投資の4つの方法

投資する際に実践したいのが「分散投資」です。

「卵は一つのカゴに盛るな」という、分散投資の重要性を説いた投資格言があります。すべての卵を同じカゴに入れていて、そのカゴを落としてしまったら、その中の卵がすべて割れてしまう恐れがあります。複数のカゴに分けて卵を盛っておけば、そのうちの一つのカゴを落としてカゴの卵が割れて駄目になったとしても、他のカゴの卵は影響を受けずにすみます。

分散投資には、大きく分けて「商品分散」「地域分散」「通貨分散」「時間分散」があります。

商品分散とは投資する資産の種類を分散することで、例えば株式、債券、不動産に分散するといった具合です。

地域分散とは投資する地域を分散することで、例えば株式投資において、日本株式、米国株式、欧州株式、インド株式などに地域を分散して投資することです。

通貨分散とは投資する通貨を分散することで、例えば日本円の他に米ドル、ユーロ、トルコリラベースの資産も持つことです。

時間分散とは投資する時間を分散することで、例えば日経平均株価に連動するETFを毎月10万円ずつ購入する、といった具合です。

自己投資への意識を忘れずに

今回は、「1,000万円が貯まったら気をつけたいこと」「1,000万円が貯まったら検討したいこと」を紹介しました。

貯金や投資も重要ですが、スキルや人脈といった人的資本を高めて、自身の収入を上げる努力をすることも大切です。

計画的に貯金ができるのは素晴らしいことですが、貯蓄、投資、消費(自己投資)のバランスも考えて、上手に資産を管理していきましょう。

※本記事は投資に関わる基礎知識を解説することを目的としており、投資を推奨するものではありません。

本サイトの記事は(株)ZUUが情報収集し作成したものです。記事の内容・情報に関しては作成時点のもので、変更の可能性があります。また、一部、インベスコ・アセット・マネジメント株式会社が提供している記事を掲載している場合があります。 本サイトは特定の商品、株式、投資信託、そのほかの金融商品やサービスなどの勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません。本サイトに掲載されている情報のいかなる内容も将来の運用成果または投資収益を示唆あるいは保証するものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようお願いいたします。 当サイトご利用にあたっては、下記サイトポリシーをご確認いただけますようお願いいたします。