ホーム > 資産管理 > アッパーマス層ってどんな人たち?平均収入などの傾向やその上の準富裕層を目指す方法
(画像=Tyler Olson /stock.adobe.com)

アッパーマス層ってどんな人たち?平均収入などの傾向やその上の準富裕層を目指す方法

資産形成を目指している方にとって、「アッパーマス層」はひとつの目標であると同時に、富裕層を目指すスタートとも言えるポジションです。あまり聞きなれない言葉ですが、アッパーマス層の概要や特性を理解しておくと、資産形成のヒントを得られることもあります。

そこで本記事では、アッパーマス層に該当する世帯やその傾向、さらに上の準富裕層を目指すポイントなどを解説していきます。

アッパーマス層とは?どんな人が該当する?

アッパーマス層とは、純金融資産の合計額が3,000万円~5,000万円未満の世帯のことです。

日本国内に限ると、アッパーマス層は世帯全体の13.2%ほどとされており、半数以上の世帯はその下の「マス層」に該当します。したがって、アッパーマス層は富裕層とまではいえないものの、平均よりも余裕のある暮らしができる世帯といい換えられるでしょう。

そもそも保有資産階層とは?

前述で登場した「保有資産階層」は、野村総合研究所が独自に定義している基準です。同社は保有資産に関するアンケート(NRI富裕層アンケート調査)を毎年実施しており、その調査結果をまとめる指標として次の階層を設定しています。

保有資産階層 純金融資産保有額 世帯数
超富裕層 5億円以上 8.7万世帯
富裕層 1億円~5億円未満 124万世帯
準富裕層 5,000万円~1億円未満 341.8万世帯
アッパーマス層 3,000万円~5,000万円未満 712.1万世帯
マス層 3,000万円未満 4,215.7万世帯

(※世帯数は2019年分の調査データ)

上記の「純金融資産保有額」には現金や預貯金のほか、株式や債券、投資信託などの金融資産も含まれます。

アッパーマス層の年齢や職業、年収は?

ここからはアッパーマス層の年齢や職業、年収の傾向を見ていきましょう。

アッパーマス層の年齢

以下の表は、金融広報中央委員会が公表した「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査](令和2年)」を参考に作成したものです。

世帯主の年齢 金融資産保有額が3,000万円を超える世帯の割合
20代 0.0%
30代 0.9%
40代 8.8%
50代 15.9%
60代 24.0%
70代以上 23.4%

(参考:各種分類別データ(令和2年)

上記のデータから、アッパーマス層は50代~70代以上の世帯主を中心に構成されていることが分かります。その主な要因としては、年齢が上がるほど年収が上がる点や、退職金などが考えられるでしょう。

アッパーマス層の職業

次は、同資料における業種分布を見ていきましょう。

世帯主の就業先産業 金融資産保有額が3,000万円を超える世帯の割合
農林漁鉱業 9.1%
建設業 8.1%
製造業 15.1%
運輸業・郵便業 6.6%
卸売業・小売業 14.4%
宿泊業・飲食サービス業 3.0%
医療・福祉 9.5%
公務・教育・電気水道業 19.9%
その他サービス業 17.9%
無回答 19.3%

(参考:各種分類別データ(令和2年)

このデータから、「公務・教育・電気水道業」と「その他サービス業」、「製造業」、「卸売業・小売業」に従事している世帯主がいる世帯はアッパーマス層が比較的多いと推測できます。ただし、無回答の割合がやや多く、実際の勤め先によって賃金や退職金の額は変わってくるため、上記の結果はあくまで目安として参考にしてください。

アッパーマス層の年収

以下の表は、同資料における年収分布をまとめたものです。

世帯年収 金融資産保有額が3,000万円を超える世帯の割合
収入はない 7,7%
300万円未満 12.8%
300~500万円未満 10.2%
500~750万円未満 14.7%
750~1,000万円未満 21.2%
1,000~1,200万円未満 29.2%
1,200万円以上 47.1%
無回答 10.5%

(参考:各種分類別データ(令和2年)

年収が1,200万円以上の世帯は、およそ半数がアッパーマス層に該当します。年収750~1,200万円未満の世帯についても、20%以上はアッパーマス層に含まれることが分かりました。

アッパーマス層から準富裕層を目指す方法

アッパーマス層から準富裕層(※)を目指すには、「資産を減らさないこと」と「資産を増やすこと」を同時に考える必要があります。実際にはどのような方法があるのか、以下ではその一例を紹介します。

(※)純資産保有金額が5,000万円以上1億円未満の世帯のこと。

年収を上げる

世帯年収の多さは直接的・間接的に金融資産保有額に大きな影響を与えているため、年収を上げることで準富裕層に届きやすくなります。現在の職場のままでは昇給が期待できないのであれば、転職や副業を始めることを検討してみましょう。

支出をコントロールする

資産は少し余裕がでてきたからといっても、支出を抑えずに浪費するようになると、すぐに目減りします。そのため、まずは日々の支出をうまくコントロールし、資産の目減りを極力抑えましょう。無駄な出費を控えるのはもちろん、水道光熱費や通信費などの固定費を見直すことも大切です。

資産を運用して増やす

収入にもよりますが、支出のコントロールによって守れる資産には限界があります。アッパーマス層から準富裕層を目指すには、さらに数千万円分の資産を増やす必要があるので、余裕資金を運用することも検討してみましょう。

具体的な資産運用としては、株式投資や投資信託、REIT、外貨預金などが挙げられます。この他にNISAやiDeCoといった税制優遇制度を利用するなどの選択肢があるので、ご自身に合った資産運用の方法を選んでください。

専門家やプロへの相談

準富裕層を目指す方法がなかなか見つからない場合は、専門家やプロに相談をする方法もひとつの手です。例えば、証券会社や金融機関の相談窓口を利用すれば、資産額に適した投資商品を提案してもらえる可能性があります。

その他に、資産運用のプロであるファイナンシャルプランナーや不動産経営の専門会社なども、相談先として挙げられます。ただし、最終的な投資判断は自分で行うことになるので、必要最低限の知識はつけておきましょう。

中長期的なプランを立てて、ひとつでも上の階層を目指そう

アッパーマス層は世帯全体の10%程度しか存在しませんが、努力次第ではマス層からでも目指すことは十分に可能です。また、すでにアッパーマス層に該当する場合は、中長期的な資産運用プランを立てることで、準富裕層になれる可能性が高まるでしょう。保有資産階層をひとつでも上げたい方は、本記事を参考にしながら計画を立ててみてください。

※本記事は資産運用に関わる基礎知識を解説することを目的としており、資産運用を推奨するものではありません。

本サイトの記事は(株)ZUUが情報収集し作成したものです。記事の内容・情報に関しては作成時点のもので、変更の可能性があります。また、一部、インベスコ・アセット・マネジメント株式会社が提供している記事を掲載している場合があります。 本サイトは特定の商品、株式、投資信託、そのほかの金融商品やサービスなどの勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません。本サイトに掲載されている情報のいかなる内容も将来の運用成果または投資収益を示唆あるいは保証するものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようお願いいたします。 当サイトご利用にあたっては、下記サイトポリシーをご確認いただけますようお願いいたします。