ホーム > お金の使い方 > 貯金2,000万円で何歳までもつ? 貯金の寿命を知る方法
(画像=BillionPhotos.com/stock.adobe.com)

貯金2,000万円で何歳までもつ? 貯金の寿命を知る方法

『貯金、そんなにないんですけど、 老後のお金、だいじょうぶでしょうか?:50代から考えておきたい「お金の基本」』より一部抜粋

(本記事は、田中佑輝氏の著書『貯金、そんなにないんですけど、 老後のお金、だいじょうぶでしょうか?:50代から考えておきたい「お金の基本」』=大和出版、2021年7月15日刊=の中から一部を抜粋・編集しています)

<登場人物>

青山:50代後半。中堅企業勤務で年収は810万円。かつては共働きで豊かな生活を楽しんできた。その一方浪費がたたって貯金は少ない。住宅ローンも結構残っている。

赤坂:50代後半。小企業勤務で年収は多くない。妻のパート収入と合わせても、682万円で青山に届かない。しかし堅実な生活を送り貯金は多め。実家住まいで住宅ローンはゼロ。

南:50代後半。ファイナンシャルプランナー。青山と赤坂の高校時代の同級生。

 

もし「50歳」なら貯金額の将来はこう見通す

 これから退職金の話に入るね。

その前に言っておきたいんだけど、もし僕らが今50歳なら、「その前に貯金のことを知りたい」となるはずだ。あと10〜15年間は貯金できるんだもんね。

なので、50歳の人にはどんな話をするか、参考までに言っておくね。

まず、ボーナス込みの手取り年間収入も出してもらう。

手取り年間収入から年間支出を引くと、1年単位の貯金額がつかめる

今の年収と支出が続く前提なら、それを単純に10倍すると、60歳の時の貯金額がわかる。15倍すれば、65歳の時の貯金額がわかる

ただ、役職定年や定年による年収低下や、子供の大学進学も考えられる。なので、10 年間で落ちる年収の総額と、子供の進学費用などで増える支出の総額を差し引く

たとえば、こんなイメージになる。

①50〜65 歳の手取り年収から支出を引いた額が200万円とする
すると、200万円×15年=3000万円が貯まる計算だ。

②しかし、52歳からの4年間は子供の学費がかさむ
今より支出が500万円多くかかるので、貯まるのは3000万円−500万円=2500万円となる。

③55歳で役職定年となって年収が200万円下がるとする
手取りは150万円くらい減るので、150万円×5年=750万円の減収となり、貯まるのは2500万円‐750万円=1850万円となる。

④60〜65歳は年収がさらに200万円落ちる

手取りはやはり150万円くらい減るので、貯まるのは、1850万円‐750万円=1100万円となる。

で、退職金が1000万円とすれば、貯まる合計は2100万円になるわけだ。

貯金の寿命を知ることが長生きプランのとっかかり

赤坂 将来像が具体的になるね。

 次は、老後の生活費をつかむ。

まず、奥様と2人の生活になった時に、毎月どれくらいの費用がかかるかを考える。それに12ヵ月を掛けて年額にしたうえで、「セカンドライフの夢」の費用を足す。

すると、希望する老後生活を送るためには、年間いくらかかるかがわかるね。

あとは簡単だ。その生活費から年間の年金額を引けば、年にいくらを補填しなければいけないかが明確になる。

たとえば、何歳まで貯金が持つかを計算しよう。

さっきの2100万円という貯金額÷希望する老後生活費の年額から年金を引いた額=何歳まで貯金が持つかになる。

すると、「夢がかなう」とか、「ムリ。老後破産を避けるための支出改善が先決」とかいった見通しが出てくる。

そこで価値観を調整できるんだ。「支出を月2万円削減したら、1年24万円、10年で240万円の改善ができる。だけど月2万円はつらい。1万円なら?」みたいに、マネープランのとっかかりになる。

青山 お金と価値観のバランスを取ることができるわけだね。

退職金は一時金受け取りが有利

 令和7年から定年が65歳になるが、現状は60歳。あと2年で退職金を受け取れる。金額の見通しはついた?

赤坂 600万円くらい。22〜60歳まで38年間働いてこの額は、正直つらい。

 小企業は厳しいよ。会社が退職金として月1万円積み立ててくれたとして、30年で360万円だもん。

年金も、大企業だと3階4階があるけど、中小企業は普通ない。小規模企業共済や、普通の生命保険を3階部分にするケースも多いね。

青山 俺は850万円。38歳で転職して今の会社は22年の在籍だから、こんなもんだ。

 前の会社を辞めた時の退職金は?

共働きだった奥様も退職金があったはずだが。

青山 きれいに使った。当時は出費が多かったからなあ。

赤坂 青山らしいよ(笑)。まあ、当時はそれでよくても、今後、退職金は一大資金になるから、しっかり守り育てなくちゃな。

 「守る」「育てる」の「守る」から考えていこう。税金から守る、浪費から守るということだ。

退職金の受け取り方は、3パターンある。

①全額を一時金として受け取る
②全額を年金として受け取る
③一部を一時金として受け取り、残りを年金として受け取る

③の場合、会社の制度にもよるけど、一時金50%年金50%、一時金75%年金25%、一時金25%年金75%などから割合を自分で選べる場合が多い。

青山 受け取り方で税金が違ったりする?

 一時金として受け取る場合は、「退職所得控除」の対象になる

退職所得は、勤続年数に応じて控除額が変わる。勤務1年目から20年目までは年間40万円が非課税。つまり、20年働いたら800万円までが非課税だ。以降は年間70万円が非課税になる。

赤坂 俺は全額非課税になるね!

青山 俺もそれに準じるな。

 そうだね。ちなみに、退職金は分離課税なので、どんなに多くもらっても、それで社会保険料が上がる心配はない(分離課税とは、ほかの所得と分けて課税されるということね)。

青山 一時金で受け取るのが正解みたいだな。ただ、俺は宵越(よいごし)の金は使いがちなので(笑)、年金形式にも興味がある。

※画像をクリックするとAmazonに飛びます

 

<著者プロフィール>

田中 佑輝
東京都生まれ。日本国内の外資系銀行で専属ファイナンシャルプランナーとして活躍後、株式会社アルファ・ファイナンシャルプランナーズ代表取締役。セミナーやコンサルティングを手がける。

本サイトの記事は(株)ZUUが情報収集し作成したものです。記事の内容・情報に関しては作成時点のもので、変更の可能性があります。また、一部、インベスコ・アセット・マネジメント株式会社が提供している記事を掲載している場合があります。 本サイトは特定の商品、株式、投資信託、そのほかの金融商品やサービスなどの勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません。本サイトに掲載されている情報のいかなる内容も将来の運用成果または投資収益を示唆あるいは保証するものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようお願いいたします。 当サイトご利用にあたっては、下記サイトポリシーをご確認いただけますようお願いいたします。