ホーム > 投資の未来 > ビジネスパーソンは賢く利用する!「家事・育児代行サービス」
(画像=PH888/Shutterstock.com)

ビジネスパーソンは賢く利用する!「家事・育児代行サービス」

忙しいビジネスパーソンのプライベートライフを支援する、「家事・育児代行有料サービス」が人気です。

近年は有料でも利用したくなるような、かゆいところに手が届くサービスが続々と登場しています。ゆとりある生活を送るために、時間と労力に投資してみてはいかがでしょうか。

ビジネスパーソンが「家事・育児代行サービス」を利用するメリット

家事・育児代行サービスは、掃除から洗濯、買い物、育児まで、日常生活に不可欠な仕事を代わりに行ってくれるサービスです。

「仕事で家事や子育てにまで手が回らない」という人にとっては便利ですが、家事や育児を他人に頼むことに、抵抗を感じる人も少なくありません。「家事を怠っている」と思われたくないのかもしれません。「他人を家に入れたくない」人もいるでしょう。

しかし、お金で時間と労力を買うことで自分にも家族にも余裕が生まれます。どんな人でも、時間は1日24時間しかありません。自分の時間や家族との時間を大切にしたいビジネスパーソンこそ、家事・育児代行サービスを利用すべきなのではないでしょうか。

ニーズに合わせて選べる豊富なプランを賢く利用しよう

近年は、独身者から共働き夫婦、高齢者まで、さまざまなニーズに対応するプランがあります。また、不定期で、必要な時だけスポットで利用できるプランもあり、気軽に試せるのも魅力です。

ここでは、家事・育児代行サービスの主なプランを紹介します。

困った時のお助けプラン

アイロンがけや浴室掃除、布団干しなどを必要に応じて依頼できる不定期タイプです。仕事が忙しい時や体調を崩した時、突然の来客時など、スポットでお願いしたい時に重宝します。

保育園のお迎え~夜型ベビー&キッズシッタープラン~

「仕事をしていると、子どものお迎えの時間に間に合わない」「急用ができて、帰宅が遅くなる」というビジネスパーソンのために、保育園のお迎えや子どもの世話だけでなく、必要に応じて食事の用意や子どもの入浴の付き添い、洗濯物の取り込み・アイロンがけ・収納まで行ってくれます。

家事まで手が回らない独身者・単身赴任者向けプラン

一人暮らしのビジネスパーソンにとって、家事は億劫なものです。「洗濯や掃除は休みの日にまとめてやろう」と思っていても、休日は休日で忙しく、結局やらずじまいということもあるでしょう。

一人暮らし向けのプランは、家事全般をお手頃価格で任せられる、独身者や単身者の心強い味方です。

忙しくても食生活は大事にしたい!お料理プラン

仕事が終わってからの買い物や料理は、時間的にも体力的にも負担がかかります。時間がなく、ついつい外食や出来合いのお弁当ですませてしまうことも多いはず。

そんな人には、お料理プランがおすすめ。「時間がなくても、家族には栄養バランスのとれた温かい料理を食べさせたい」「一人暮らしでも外食やコンビニ弁当は避けたい」という願いを叶えてくれます。

家にある材料で手際よく料理を作り、作り置きしてくれるサービスもあるため、忙しくても食生活を充実させたい人に最適です。

片付けモノはプロにお任せ整理収納プラン

「片付かないが苦手」「捨てたくないけれど、収納する場所がない」という人は、整理収納プランを利用してみてはいかがでしょうか。

生活スタイルを考慮した整理・収納プランの提案から、「モノを増やさない生活スタイル」のアドバイスまであり、あなたの家の整理整頓を全面的にサポートしてくれます。

家事代行を賢く利用し時間を有効に

他にも、住宅ローンに家事代行サービス・ハウスクリーニングをプラスしたユニークな商品などがあり、家事・育児代行サービスのサポート範囲は拡大しています。

家事・育児代行サービスは、自分のプライベートな時間や家族との時間を充実させるための投資と言えます。この機会に、「今の生活のどの部分で、時間と労力を節約すべきか」について考えてみてはいかがでしょうか。

たとえば、「仕事帰りに子どもを保育園に迎えに行くので、夕食の準備がままならない」という人はお迎えサービスを利用すれば、その間にゆっくり夕食の準備をすることができます。あるいはお料理サービスを利用して、子どもと帰宅したらすぐに温かい夕食を一緒にとることもできるでしょう。

また、水回りの掃除やアイロンがけを代行サービスに任せることで、その時間を自分自身や家族のために使うのもいいでしょう。いつも頑張っている自分へのご褒美として、週末に家族と外出している間に、家の掃除や買い物、夕食の準備をしてもらうのもありです。

自分の生活スタイルに合った家事・育児サービスを賢く利用し、快適なワークライフバランスを実現してみはいかがでしょうか。