ホーム > 資産管理 > 配当金の確定申告は必要?不要?節税できる申告のやり方を解説
(画像=promolink/stock.adobe.com)

配当金の確定申告は必要?不要?節税できる申告のやり方を解説

「配当金の確定申告は必要なのか?不要なのか?」と迷う方もいることでしょう。

上場株式の配当金に関しては、確定申告は原則として不要です。ただし、総合課税あるいは申告分離課税を選択して確定申告することで、節税になるケースがあります。

この記事では、配当金の確定申告について、節税対策につながる申告方法を解説します。

配当金の確定申告は、すると有利になるケースがある

上場株式の確定申告は、申告不要制度を利用すれば原則として不要です。多くの方は証券会社の取引口座を「特定口座(源泉徴収あり)」としていることでしょう。この場合には申告不要制度が適用され、配当金は所得税と復興特別所得税、および住民税が源泉徴収されたうえで支払われます。「面倒な確定申告はしたくない」と思う方は、この「特定口座(源泉徴収あり)」を利用すれば何もしないでOKです。

ただし、総合課税あるいは申告分離課税を選択して確定申告すると、以下のとおり節税となるケースがあります。

  • 総合課税での確定申告 …課税所得が900万円以下の場合は所得税が節税になる
  • 申告分離課税での確定申告 …株式の売却損との損益通算・向こう3年間の損失繰越ができる

このそれぞれについて、以下で詳しく見ていきましょう。

配当金の確定申告をしないケース(源泉徴収あり)

「特定口座(源泉徴収あり)」を利用している場合には、配当金が支払われる時点で所得税と復興特別所得税で15.315%、住民税5%、合計20.315%の税金が源泉徴収されています。したがって、確定申告は不要です。「確定申告は面倒」と思う場合は、これを利用するのが良いでしょう。

総合課税で確定申告すると節税になるケース

総合課税とは、配当所得のほか給与所得や事業所得、不動産所得など、すべての所得を合計したうえで所得税額を計算するものです。総合課税を選択して確定申告することで、以下の2つのケースで節税になります。

1. 基礎控除の範囲内しか所得がない場合

所得の合計額が基礎控除の範囲内しかない場合には、確定申告をすれば源泉徴収された所得税、住民税がともに還付されます。

2. 所得が900万円以下の場合

所得の合計額が900万円以下の場合には、所得税のみを総合課税で確定申告し、住民税については申告不要とすることで節税できます。なぜならば、総合課税では「配当控除」が受けられるため、所得税については900万円までは税率が低くなるからです。

配当控除の税率は、所得税・住民税のそれぞれにおいて以下のとおりとなっています。

  • 課税総所得が1,000万円以下 …所得税:10%、住民税:2.8%
  • 課税総所得の1,000万円を超える部分 …所得税:5%、住民税:1.4%

この配当控除の税率を、所得税と住民税のそれぞれの税率と一緒に見てみましょう。

【所得税の場合】

課税総所得額所得税率配当控除正味税率源泉徴収税率
195万円以下5%10%0%15%
195万円超~330万円以下10%10%0%15%
330万円超~695万円以下20%10%10%15%
695万円超~900万円以下23%10%13%15%
900万円超~1,000万円以下33%10%23%15%
1,000万円超~1,800万円以下33%5%28%15%
1,800万円超~4,000万円以下40%5%35%15%
4,000万円超45%5%40%15%

※所得税・源泉徴収税の税率はいずれも復興特別税は含めていません。

上の表をみるとわかるとおり、課税総所得額が900万円以下までは、所得税率から配当控除を差し引いた正味税率が、源泉徴収税率より低くなっています。それにたいして、1,000万円超の場合は源泉徴収税率のほうが高くなっています。

したがって、課税総所得が900万円以下の場合は、所得税に関しては、総合課税で確定申告したほうが節税になります。

【住民税の場合】

課税総所得額住民税率配当控除正味税率源泉徴収税率
1,000万円以下10%2.8%7.2%5%
1,000万円超10%1.4%8.6%5%

住民税の税率は、課税総所得額によらず、道府県民税4%と市区町村民税6%を合わせて10%です。ここから配当控除を差し引いても、1,000万円以下の場合も1,000万円超の場合も、上表のとおり源泉徴収税率より高くなります。

したがって、住民税については総合課税にせず、申告不要制度を利用して源泉徴収するほうが節税になります。

申告分離課税で確定申告すると節税になるケース

申告分離課税とは、総合課税のように他の所得と合計せず、配当所得のみを分離して確定申告することです。申告分離課税による確定申告が節税になるのは、株式の売却損が出ている場合です。

申告分離課税で確定申告することにより、売却損と配当所得の損益通算が可能となります。また、損益通算しても売却損が相殺しきれなかった場合には、向こう3年にわたって、売却損を繰り越すこともできます。

「特定口座(源泉徴収あり)」でも、口座内での損益通算はしてくれます。しかし、他の口座との損益通算はできません。また、損失を翌年以降に繰り越すこともできません。

したがって、以下の場合には、申告分離制度を選択して確定申告すると節税になるのです。

  • 複数口座を利用している場合に、そのどれかの口座で売却損が出た
  • 売却損を翌年以降に繰り越す必要がある

配当金の確定申告方法はケースバイケースで決めよう

配当金の確定申告は、「特定口座(源泉徴収あり)」を利用している場合には原則として不要です。しかし、課税総所得が900万円以下の場合や、売却損が出ている場合は、確定申告したほうが節税になるケースがあります。確定申告するかしないか、およびその方法は、ケースバイケースで慎重に決定しましょう。

※税務の詳細はお近くの税理士や公認会計士にご相談ください。

本サイトの記事は(株)ZUUが情報収集し作成したものです。記事の内容・情報に関しては作成時点のもので、変更の可能性があります。また、一部、インベスコ・アセット・マネジメント株式会社が提供している記事を掲載している場合があります。 本サイトは特定の商品、株式、投資信託、そのほかの金融商品やサービスなどの勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません。本サイトに掲載されている情報のいかなる内容も将来の運用成果または投資収益を示唆あるいは保証するものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようお願いいたします。 当サイトご利用にあたっては、下記サイトポリシーをご確認いただけますようお願いいたします。