ホーム > お金の使い方 > 「夏枯れ相場、年末高」は2020年も来る?
(画像=cassis/stock.adobe.com)

「夏枯れ相場、年末高」は2020年も来る?

株価は、「夏枯れ相場、年末高」と呼ばれる値動きをすることがあります。今回は、「夏枯れ相場、年末高」の意味を解説するとともに、過去5年間の株価が実際どのように推移したかを検証して見ました。2020年前半の相場は、コロナショックで乱高下しました。後半に向けて、そろそろ投資戦略を練りましょう。

「夏枯れ相場、年末高」の意味は?

「夏枯れ相場」とは、お盆休みなどで市場参加者が減った結果、取引量が少なくなり、相場変動が鈍くなることをいいます。

しかし、取引量が少ないということは、ささいなできごとが大きな株価の変動を引き起こします。そのため、「夏枯れ相場」はリスクが高いともいわれています。

「年末高」とは、読んで字のごとく、年末に株価が上がる傾向のことを指します。季節性が影響していると考えられており、平均的にみて年末に株価が上がる年が多いことから、「年末高」を予想して投資判断をする投資家も多く存在します。

過去5年間の株価から「夏枯れ相場、年末高」の傾向をチェック

では実際に、過去の日経平均株価の終値を見てみましょう。

2015年8月 1万8,890円
2015年12月 1万9,033円(+143円)

2016年8月 1万6,887円
2016年12月 1万9,114円(+2,227円)

2017年8月 1万9,646円
2017年12月 2万2,764円(+3,118円)

2018年8月 2万2,865円
2018年12月 2万14円(−2,851円)

2019年8月 2万704円
2019年12月 2万3,656円(+2,952円)

お盆休みのある8月と年末の12月を比較すると、過去5年間では2018年を除くすべての年で、8月の株価は12月の株価より低くなっています。「夏枯れ相場、年末高」の傾向は、実際の株価の動きにもはっきり表れているといえるでしょう。

コロナショック後、2020年後半の投資戦略は?

2020年前半の相場は、コロナショックによって大きく荒れました。

「夏枯れ相場、年末高」を信じるなら、今後の株価は「夏枯れ相場」の影響で8月に下がり、「年末高」の影響で12月に上がるかもしれません。あるいは、2018年のように年末に下がるかもしれません。相場の先行きは誰にも分りませんが、コロナショック後も、市場は動き続けます。そろそろ2020年後半の投資戦略を立てましょう。

本サイトの記事は(株)ZUUが情報収集し作成したものです。記事の内容・情報に関しては作成時点のもので、変更の可能性があります。また、一部、インベスコ・アセット・マネジメント株式会社が提供している記事を掲載している場合があります。 本サイトは特定の商品、株式、投資信託、そのほかの金融商品やサービスなどの勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません。本サイトに掲載されている情報のいかなる内容も将来の運用成果または投資収益を示唆あるいは保証するものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようお願いいたします。 当サイトご利用にあたっては、下記サイトポリシーをご確認いただけますようお願いいたします。