ホーム > 資産管理 > つみたてNISA「やめたほうがいい人」の4つの特徴
(画像=beeboys/stock.adobe.com)

つみたてNISA「やめたほうがいい人」の4つの特徴

「投資運用の目的は資産を増やすこと」という人は多いでしょう。しかし、金融商品を運用して得た利益には、通常20.315%もの税金がかかります。10万円の利益が出た場合、約2万円が税金として引かれてしまうのです。

『つみたてNISA』とは、非課税で資産運用ができる制度です。お得な制度のはずですが、ネットでは「やめたほうがよい」との声も上がっています。なぜでしょうか。

今回はつみたてNISAのメリット・デメリットと、つみたてNISAをやめたほうがいい人、向いている人の特徴について解説します。

『つみたてNISA』のメリット・デメリットを確認

NISAは、定められた投資枠から発生する運用利益が非課税になる制度です。つみたてNISAはNISA制度のひとつで、少額からの長期・積立・分散投資に特化したものです。

<つみたてNISAの概要>

非課税枠 新規投資枠:毎年最大40万円(20年で最大800万円)
期間:最長20年
非課税対象:分配金・譲渡益
投資方法 積立投資
投資対象商品 公募株式投資信託・ETF(上場投資信託)
※ラインナップは口座開設金融機関によって異なる
口座開設可能数 1人1口座
(一般NISAとつみたてNISAどちらか一方を選択)

つみたてNISAのメリット

まずは、つみたてNISAを利用することで得られるメリットを見てみましょう。

少額から始められる

・最低投資金額:100円/月~

つみたてNISAは、口座を開設した金融機関によって最低投資金額が異なります。月1,000~5,000円程度のところが多いのですが、中には100円から積み立てられるところもあります。

低コストで運用できる

・毎年40万円分の非課税枠

年間40万円分の新規投資と、その後保有している20年間で得られる利益には税金がかかりません

・販売手数料無料、低水準の信託報酬、低頻度の分配など

つみたてNISAで投資できる投資信託は、各種手数料が低水準もしくは無料など厳しい条件を満たすものに限られています。手数料コストの軽減は、非課税措置とともにつみたてNISAの大きな魅力といえます。

リスクを分散できる

投資にはリスクがつきものです。リスクとは、「利益になるかもしれないし、損失になるかもしれない」という振れ幅のことです。大きな利益を得られる可能性があるときは、必ず同じくらい損失を被る可能性もあります。

リスクを完全になくすことは難しいですが、以下のような工夫によってリスクの分散を図れます。

・銘柄の分散

つみたてNISAの運用商品である「投資信託」は、国内外の株や債券などさまざまな金融商品を組み合わせたパッケージ商品です。そのため、投資先の国や地域、種類や銘柄の分散が可能です

・時間の分散

毎月定額を積み立てることで、購入タイミングを分散することもできます。高値で多く買ってしまうことを避け、平均購入価格を低く抑えることも期待できるのです。

長期運用で安定した収益が期待できる

・複利効果

投資で得た利益を元本に組み込み、再度運用することを「複利」といいます。投資期間が長いほど、複利効果は大きくなります。

・価格変動リスクの低減

投資信託の価値は日々変動しますが、長期運用によってゆるやかな右肩上がりになることが期待できます。

時間や知識がなくても大丈夫

・プロにおまかせ

通常、金融商品の運用を行う際は、どの銘柄に、どのタイミングで、どのくらい資産を投じ、いつ手放すのかといったことを自分で判断しなければなりません。そのため、企業情報や世界情勢など多方面から情報を収集して分析し、予測を立てるための勉強や経験が必要になります。

投資信託は、各専門分野のプロに運用をすべてまかせられるため、投資初心者でも安心です。

デメリット

メリットだけでなく、デメリットもしっかり確認しておきましょう。

商品の種類が限定的

つみたてNISAの投資商品は、投資信託のみです。株式や債券、外貨といった選択肢はありません。

非課税枠に自由度が低い

つみたてNISAの非課税投資枠は、売却した分の枠を再利用したり、使わなかった分を翌年に持ち越したりすることができません。毎年付与される非課税投資枠は40万円分のみです。

利益が出るまで時間がかかる

つみたてNISAにおける投資方法は、「積立投資」のみです。

積立投資とは、毎月コツコツと元本を積み上げながら、時間をかけることで安定した運用を目指す方法です。そのため、利益が出るまで長い時間がかかります。

手数料がかかる

手数料水準が低いとはいえ、まったくないわけではありません。信託報酬は「プロにまかせるための手数料」であり、銘柄によって金額が異なるため、購入前によく比較・検討しておきましょう。

なお、つみたてNISAの口座開設や利用には手数料はかかりません。

『つみたてNISA』をやめたほうがよい人とは?

ここまでに挙げたメリットに魅力を感じない人やデメリットを許容できない人は、つみたてNISAはやめておいたほうがよいでしょう。つみたてNISAをうまく活かせない可能性が高いからからです。

それはどのような人でしょうか。、特徴を見てみましょう。

1.余裕資金を捻出できない人

投資の鉄則は、「余裕資金で行うこと」です。余裕資金とは、「日常生活費」「将来使い道が決まっている貯金」「緊急用資金」以外のお金のことです。目安は、「20年間手が届かないところにあっても生活に影響がない」お金です。

収入が不安定、生活費もままならないなど、少額でも継続的に拠出することが難しい人は手を出さないほうがよいでしょう。

2.余裕資金がとても多い人

逆に、余裕資金がふんだんにある人も、一定の金利が見込める場合は、つみたてNISAには向きません。資金力があるなら、コツコツと積立投資を行う必要がないからです。

<運用比較シミュレーション[年利3%(1年複利)]>

積立投資 一括投資
口座 つみたてNISA(非課税) 一般口座(課税・税率20.315%)
投資額 毎月3万3,000円(年39万6,000円)
※20年で792万円
792万円
※初月一括投資、追加投資なし
20年後の資産高 1,081万3,797円 1,270万3,895円(税引き後)
20年間の累計税額 0円 121万9,613円(複利毎課税)

※20年間利率変動が起きなかった場合で計算。税金以外の各種手数料等は考慮していません。

毎月3万3,000円の積立投資では、元本が792万円に達するまでに20年かかります。初月から元本792万円を年利3%で運用できるなら、約120万円の税金を払ったとしても最終的な資産は多くなります。

3.運用方針と合わない人

つみたてNISAは、「少額からの長期積立投資」に特化した制度です。運用方針や投資商品が合致しない人は、やめたほうがよいでしょう。

– 短期投資したい人

短期投資は、値動きが大きい商品を短期間で売買し、差額による利益を狙う投資手法です。

つみたてNISAの投資商品は長期運用に適した投資信託であり、短期の値動きは大きくありません。また、非課税枠の制限があるため、頻繁に売買を繰り返す手法にも向きません

– 株式投資やFXもしたい人

非課税口座で別の商品(株式やFXなど)を運用したい人もいると思いますが、そもそも対象商品ではないため運用できません。一般NISAならば国内外の株式にも投資できるので、検討してみるとよいでしょう。

– スイッチングしたい人

スイッチングとは、自分の運用目的や期間に合わせて運用している投資信託や組み込まれた金融商品を乗り換えることです。この時、保有資産を売却して買い換えることになります。

つみたてNISAの非課税枠は年間上限額があり、売却後は再利用できません。そのため、例えば新規投資25万円を含む投資信託Aを50万円で売却し、その資金を元手に別の商品を買いたいと思っても、非課税投資枠は15万円分しか残っていません。よって、スイッチングには適さない制度といえます。

4.長期運用ができない人

時間に制限がある人や、長期の投資を継続できない人もやめたほうがよいでしょう。

– すぐに利益を得たい

投資信託の価値は日々変動します。運用は順調でも、売却したいと思ったタイミングでたまたま価格が下がっていることもあるでしょう。再び価格が上昇するまで待てない場合は、安い価格で売却せざるを得ません。

– 値下がりを許容できない

性格的に値下がりを許容できない、1円でも下がると不安になるという人もいるでしょう。

しかし、価格が下がるたびに「これはダメだ!」と売却してしまうと、損切り(損失確定)ばかりになってしまいます。そうなると資産は目減りする一方で、「投資なんてやらなければよかった」という結果になりかねません。

『つみたてNISA』が向いている人の特徴

では、つみたてNISAが向いている人には、どのような特徴があるのでしょうか。

・生活を圧迫しない少額から投資を始めたい
・非課税や低コストなど、できるだけお得に投資したい
・預金よりは大きく増やしたいが、なるべく低リスクで運用したい
・老後資産にゆとりを持たせるために、じっくりお金を貯めていきたい
・投資に興味があるが、初心者なのでわからないことが多い
・投資はしたいが、忙しくて勉強や情報収集の時間がない

メリットとデメリットは視点が違えば印象も変わる

つみたてNISAが向いている人の特徴は、つみたてNISAのメリットを活かせる考えや要望を持っている人です。逆にやらないほうがよい人は、つみたてNISA以外の選択肢のほうが向いている人でしょう。

メリットとデメリットは、視点や立場を変えると簡単に入れ替わるものです。さまざまな視点の情報を集めて、客観的に判断することをおすすめします。

自分の性格や生活に合っているかどうか考えることが大切

つみたてNISAは税制優遇があり、低コスト・低リスクでの運用が期待できる制度です。まずは1,000円程度の少額投資から始めて、感覚をつかむのもよいでしょう。

その際は、自分の投資目的や性格に合っているかどうかをよく考えることが大切です。

※本記事は投資に関わる基礎知識を解説することを目的としており、投資を推奨するものではありません。

本サイトの記事は(株)ZUUが情報収集し作成したものです。記事の内容・情報に関しては作成時点のもので、変更の可能性があります。また、一部、インベスコ・アセット・マネジメント株式会社が提供している記事を掲載している場合があります。 本サイトは特定の商品、株式、投資信託、そのほかの金融商品やサービスなどの勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません。本サイトに掲載されている情報のいかなる内容も将来の運用成果または投資収益を示唆あるいは保証するものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようお願いいたします。 当サイトご利用にあたっては、下記サイトポリシーをご確認いただけますようお願いいたします。