ホーム > 資産管理 > 「お宝保険」の個人年金とは?お得な受け取り方や注意点を解説
(画像=Watchara/stock.adobe.com)

「お宝保険」の個人年金とは?お得な受け取り方や注意点を解説

「お宝個人年金」という言葉をご存じでしょうか。社会人経験が長い人を除けば、あまり馴染みのない言葉かもしれません。今回は、お宝個人年金とは何か、お宝個人年金のお得な受け取り方、その際の注意点などを解説します。

「お宝個人年金」とは?

お宝個人年金とは、バブル期などの高金利の時に契約した個人年金保険のことです。なぜ「お宝」と呼ぶかというと、個人年金保険は原則として契約時の予定利率(保険会社が契約者から受け取った保険料を運用する際に約束する利率)が保険期間の終了まで続くため、今では考えられない高金利で運用されているからです。

例えば、日本国債10年利回りは2021年10月現在0.1%を切っていますが、元号が昭和から平成に変わった1989年は5%前後でした。1990年代に入ると、段々金利は下がっていきますが、それでも3%を超える期間が長かったことが確認できます。

個人年金の予定利率は日本国債10年利回りと完全に連動するわけではありませんが、基本的には相関性が強い(日本国債10年利回りが下がれば、その時に契約する個人年金保険の予定利率も下がる傾向がある)ため、バブル期や1990年代に契約した個人年金保険は、高い利率が約束されているものが多いと言えます。ゼロ金利時代の今日においても、3%や5%といった予定利率で運用されているわけです。

「お宝個人年金」の受け取り方には何がある?

それでは、お宝個人年金の受け取り方にはどのような方法があるのでしょうか。満期保険金の主な受け取り方は、「一括受取」と「年金受取」です。前者は文字通り一括で受け取る方法で、後者は分割して受け取る方法です。どちらの方法で受け取るべきか各人の状況によりますが、すぐにまとまった資金が必要であれば一括受取を選び、そうでない場合は自分に合った方法をじっくり選ぶとよいでしょう。

自分に合った方法を選ぶ際のポイントは「税金」です。というのも、受け取り方で生じる税金が異なるからです。具体的には、以下のように所得税が課税されます(保険料の負担者と保険金受取人が一致している場合)。

一括受取 → 一時所得
年金受取 → 雑所得

満期保険金を一時金で受け取った場合は一時所得に該当し、年金で受け取った場合は公的年金等以外の雑所得に該当します。各所得の税金の計算方法が異なるため、注意が必要です。各所得の税金の計算方法は以下の通りです。

一時所得={(受け取った保険金の総額−すでに払い込んだ保険料又は掛金の額)−特別控除額50万円}× 2分の1
※この満期保険金以外に他の一時所得がない場合

雑所得=その年中に受け取った年金の額−その金額に対応する払込保険料又は掛金の額を差し引いた金額

「お宝個人年金」のお得な受け取り方や注意点

次に、お宝個人年金のお得な受け取り方や注意点について見ていきましょう。詳細は各人の状況によるため「必ずこちらのほうが得」ということは言えませんが、ここでは一般論で解説します。

一括受取は年金受取に比べて運用期間が短くなるため受取総額は多少減りますが、税負担の面では一括受取の方が有利になるケースが多いでしょう。なぜなら、無条件で50万円の非課税枠を使え、さらに半分にできるからです。前述の通りお宝個人年金は予定利率が高く、利益が大きくなっていることが予想されるため、それを半分にしてから税金を計算できるのは大きなメリットです。

一括受取にしても年金受取にしても所得税は累進課税であり、総合課税(各種所得金額を合計して所得税額を計算する制度)として所得税の税率が決まることに注意が必要です。特に受け取る金額が大きくなる一括受取の場合は、なるべく年間所得が低い年に受け取るようにしましょう。

例えば、1年間フルに働いた年は給与所得が大きくなりやすいので、同じ年に多額の満期保険金を一括で受け取ると合計所得が大きくなり、より高い所得税率が適用される可能性があります。従って、「リタイア後、給与所得がなくなってから一括で受け取る」といった工夫が必要です。

また、一括受取にしても年金受取にしても、それまでよりも所得が増えることになるため、税金や社会保険料の負担が大きくなることがあります。

ここまで保険料の負担者と保険金受取人が一致している前提で解説しましたが、保険料の負担者と保険金受取人が異なる場合は、所得税ではなく贈与税の対象となるため注意が必要です。

できるだけお得な受け取り方を選択しよう

ここまで、お宝個人年金とは何か、お宝個人年金のお得な受け取り方、その際の注意点などを解説してきました。お宝個人年金は、ゼロ金利の今日では大変貴重な契約です。そのメリットを最大限享受するために、お得な受け取り方を選択しましょう。

※本記事は投資に関わる基礎知識を解説することを目的としており、投資を推奨するものではありません。

本サイトの記事は(株)ZUUが情報収集し作成したものです。記事の内容・情報に関しては作成時点のもので、変更の可能性があります。また、一部、インベスコ・アセット・マネジメント株式会社が提供している記事を掲載している場合があります。 本サイトは特定の商品、株式、投資信託、そのほかの金融商品やサービスなどの勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません。本サイトに掲載されている情報のいかなる内容も将来の運用成果または投資収益を示唆あるいは保証するものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようお願いいたします。 当サイトご利用にあたっては、下記サイトポリシーをご確認いただけますようお願いいたします。