ホーム > お金の使い方 > みるみる「お金が貯まる」環境作り5つのポイント
(画像=billionphotos-com/stock.adobe.com)

みるみる「お金が貯まる」環境作り5つのポイント

貯金をしたいのに、なかなか貯まらない。最初は節約生活をがんばっても、気づけば元に戻っている。そんな経験を持つ人も多いでしょう。今回は、お金を貯めるためのポイント5つを紹介します。

お金が貯まる人は、貯めるための環境作りをしている

ただ漠然と「貯金したい」と思っていても、なかなか上手くいかないものです。貯めるためには、ちょっとした意識改革が必要です。

①目的を持つ:何のために、いつまでに、いくら貯めたい?

例えば、「旅行資金を1年で30万円貯める」で終わらずに、「毎月2.5万円(週6,250円)貯める」と具体的な方法まで書き出しましょう。「このくらいならできる」というスモールステップを重ねていくことが、成功の秘訣です。

②マイルールを持つ:「飲み会は月2回OK、二次会は行かない!」などメリハリが大切

我慢ばかりではストレスが溜まります。「OK・NG」のマイルールを決めておきましょう。例えば、「週1回は外食ランチOK(1,000円以内)・月2回は飲み会OK(二次会NG)」などメリハリをつけることで、長続きしやすくなります。

③収支バランスの調整:支出を減らす工夫と収入を増やす努力

スマホプランの見直し、電気代とガス代をまとめるなど固定費削減も有効な手段です。定額だからと惰性で利用しているサブスクも、これを機に整理しておきましょう。また、貯金の目標金額が大きい場合は、キャリアアップや給与に直結する資格取得なども視野に入れて、収入を増やすための策を練りましょう。

④不要なものを持たない部屋作り:収納スペースを減らし、必要なものだけを買う

「クローゼットに入りきる分だけ」「棚一つ分だけ」など、収納スペースを制限することも出費を抑えるのに効果的です。部屋が散らかっていると必要なものが見つからず、無駄な買い物が増えてしまいます。部屋も収納もすっきりさせておきましょう。

⑤仕組みを利用する:先取り貯蓄で自動的に貯める

職場の財形貯蓄制度や、各銀行の自動積立制度や、メインの銀行からネット銀行に自動的に入金されるサービスを利用するなどして、意識せずに定期的に先取り貯蓄できる仕組みも活用しましょう。最初から無いものだと思って生活していくだけで、着実に貯まっていきます。

無理せず貯められる、「自分なりの環境」を作ろう

いきなりストイックな生活を送ろうと思わず、できることから挑戦しましょう。一つひとつは、そう難しくはないはず。頭で考えていても貯金は増えていかないので、まずはできることから始めてみましょう。

本サイトの記事は(株)ZUUが情報収集し作成したものです。記事の内容・情報に関しては作成時点のもので、変更の可能性があります。また、一部、インベスコ・アセット・マネジメント株式会社が提供している記事を掲載している場合があります。 本サイトは特定の商品、株式、投資信託、そのほかの金融商品やサービスなどの勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません。本サイトに掲載されている情報のいかなる内容も将来の運用成果または投資収益を示唆あるいは保証するものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようお願いいたします。 当サイトご利用にあたっては、下記サイトポリシーをご確認いただけますようお願いいたします。