ホーム > 資産管理 > 買い時と売り時はいつ?新NISAで失敗しないための投資の基礎知識
買い時と売り時はいつ?新NISAで失敗しないための投資の基礎知識
(画像=wladimir1804/stock.adobe.com)

買い時と売り時はいつ?新NISAで失敗しないための投資の基礎知識

新NISAが始まって約半年が経ちましたが、株式や投資信託などの金融商品の運用状況はいかがでしょうか。今後、どのように売買するのか運用方針が決まっていないのであれば、本記事で紹介する売買に関する考え方をまとめた記事を参考にしてみましょう。

株をこまめに利確・売買は必要?一部の利益分だけ売るのはあり?

2023年10月3日 資産管理

株式投資にはさまざまな手法があり、中には1日から数日で取引を終わらせる場合もあります。このような手法は短期投資と呼ばれますが、株をこまめに利確・売買する必要はあるのでしょうか。

株をこまめに利確は運用方針次第

株をこまめに利確する手法には、損失を抑えるなどのメリットがある一方で、注意したいデメリットもあります。証券会社や取引状況によっては手数料がかさみやすく、配当金や株主優待を受け取れないこともあるので、こまめな利確が必要かどうかは運用方針次第です。

参考として、こまめな利確が向いている例を紹介します。

<こまめな利確が向いている方針の例>
・資産が減るリスクを抑えたい
・実際の取引を通して、まずは勝ち癖や自信をつけたい
・配当金や株主優待を狙っていない

実際にこまめな利確をする場合は、メリットやデメリットを十分に理解した上で、具体的な取引方法を考えることが大切です。

続きはこちら>>

投資信託をこまめに売買する必要性、適切な売買タイミングを解説

2022年8月11日 お金の使い方

投資信託も、株式などのように、適切なタイミングで売買することでリターンを増やせる可能性があります。しかし、値動きを正確に予測することは困難なため、損失を出してしまうリスクもあります。しかも売買の頻度が増えるほど、手数料などがそのたびに取られて、収益が削られる可能性があります。

そこで本記事では、投資信託の適切な買い時と売り時を判断する方法について解説します。投資信託を売買するタイミングで迷っている方は参考にしてください。

投資信託はこまめに売買したほうがよいのか

投資信託は安い時に買って、高い時に売ることを繰り返せると、大きなリターンを得られるでしょう。しかし、実際には投資信託の値動きを正確に予測できないため、短期間の売買は損失のリスクが長期投資よりも大きくなりやすくなります。

1日に何度も取引はできない

投資信託は株式などと異なり、証券取引所の営業中にリアルタイムで取引することはできません。投資信託の購入価格と売却価格は、約定日の翌日に公表される基準価格によって決まるからです。そのため、こまめに売買を繰り返そうにも、同一の投資信託は購入してから売却するまでに少なくても1日かかります。

続きはこちら>>

株式・投資信託を利確して買い直す必要性とタイミング

2023年10月30日 資産管理

保有中の金融商品に利益が出ている場合は、一度利確して買い直す選択肢があります。活用できる場面は限られますが、資産状況や運用方針によっては有効な手法になるかもしれません。本記事では、株式・投資信託を利確して買い直すメリットやデメリット、タイミングを解説します。

結論:利確して買い直すタイミングは限定される

税金や手数料がかかることを考えると、株式・投資信託を利確して買い直す方法が有効なタイミングは限られます。ただし、いったん利益を確定できたり、手持ちの現金を増やせたりするメリットはあるため、以下のようなケースでは一つの選択肢になるでしょう。

<利確後の買い直しを考えるタイミング>
・上昇トレンドが続いているとき
・金融商品が一時的に高騰したとき
・決算内容が悪かったとき(株式投資)
・他に魅力的な金融商品を見つけたとき

利確して買い直す方法を実践する前に、メリットやデメリット、注意点などを理解することが重要です。他の売買のタイミングとの違いを確認して、今の運用状況に適した取引になるのかを慎重に判断してください。

続きはこちら>>

株式の損切りラインは何パーセント?資産を守る目安の考え方とは

2024年5月22日 お金の使い方

株式の損切りラインは、何パーセントに設定すればよいでしょうか。損切りラインは資産を守るために設定しますが、決め方を誤るとリターンとリスクのバランスをとれなくなる場合もあります。

本記事では、株式投資における損切りラインの目安や、一般的な考え方をまとめました。資産を守りながら運用したい人に向けて、損切りラインを守るコツについてもご紹介します。

株式の損切りラインは10パーセントが目安

資産を守りながらの運用を前提とした場合、株式の損切りラインは10%が目安になります。それ以上の損失を抱えると、多くの資産を失うだけではなく、投資機会を失ってしまう可能性もあるためです。

ただし、資産状況や銘柄の選び方によって、株式の損切りラインを何パーセントにすればよいかは変わります。10%はあくまで目安なので、ご自身の投資手法や目的に合わせて設定することが重要です。

株式の損切りラインを何パーセントにするかの考え方4つ

株式の損切りラインを何パーセントにするかは、どのような方法で設定すればよいのでしょうか。実際には資産状況や目的によって異なりますが、以下では一般的な考え方をご紹介します。

続きはこちら>>

金融商品を売買するタイミングについては、明確な「答え」がありません。そのため、ご自身にとって最適な売買のタイミングを模索していくことが大切です。まずは、今回ご紹介した記事で解説している売買の基準を参考にして、どの銘柄を何円の時に買うのか、何円まで上昇したら売るのか、何円まで下落したら売るのかを明確化するところから始めてみませんか。

※本記事は資産運用に関わる基礎知識を解説することを目的としており、資産運用を推奨するものではありません。

本サイトの記事は(株)ZUUが情報収集し作成したものです。記事の内容・情報に関しては作成時点のもので、変更の可能性があります。また、一部、インベスコ・アセット・マネジメント株式会社が提供している記事を掲載している場合があります。 本サイトは特定の商品、株式、投資信託、そのほかの金融商品やサービスなどの勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません。本サイトに掲載されている情報のいかなる内容も将来の運用成果または投資収益を示唆あるいは保証するものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようお願いいたします。 当サイトご利用にあたっては、下記サイトポリシーをご確認いただけますようお願いいたします。