ホーム > グローバル資産形成研究所 > 世の中は安定しているの?分散投資の新たな考察

世の中は安定しているの?分散投資の新たな考察

※インベスコ・アセット・マネジメント株式会社が提供するコンテンツです。

分散投資をこれまでと違う視点で考える

今回も、人生100年時代の資産形成における「お金のマインド・シフト」を学んでいきましょう。今回は、なぜ分散投資が重要なのかに関して、世の中の安定性と絡めた新しい考え方を紹介したいと思います。

今までのマインド:世の中というのは、基本的に安定している
新しいマインド:世の中というのは、基本的に不安定である

先進国に位置づけられる日本に住んでいると、世の中というのは基本的に安定しており、昨今のコロナ禍の状態は極めて特殊な状態であると感じてしまいがちです。一方、学生時代に学んだ日本史や世界史を思い出してみると、国、社会制度、文化などが次々と変わり、不安定な状況が数多くありました。

近年、特に1990年以降で考えても、ソ連の崩壊、ユーロ圏の登場、中国の台頭など、世界経済の枠組みは大きく変わりました。昭和の時代、日本は世界の主要国の中で最も高い成長を果たしましたが(円の価値は約3倍となりました)、反対に平成の時代は最も低い成長となりました。そして2020年、新型コロナウイルスという予期せぬショックが訪れ、世界経済は過去に類を見ない打撃を受けています。そして、今後は急速なデジタル化により、世界は大きく変わっていくでしょう。

このように世の中は絶えず変化しており、「不安定」であるのが普通の状態です。「卵を一つの籠に入れるな」という有名な分散投資の教えは、このように不安定であることが普通だからこそ、個人が幸せな人生を送るための原則となってきたのです。また、社会が「不安定」というのは、私たちにとって必ずしも悪い事ではなく、良い事でもあります。それは、不安定さとは、世の中が長期により良い姿に向かって変わっている過程でもあるからです。

昭和の日本や現在のアメリカは特殊な環境にある

ここで改めて、分散投資について考えてみましょう。日本で生まれ、日本で教育を受け、日本の会社で日本のお客様相手に働いている方なら、その方の人的資産は、日本資産100%と言えます。そんな中で、さらに金融資産のほとんどが、日本円か日本資産になっていないでしょうか?もしくは、あくまで日本資産が中心であり、外国の金融資産は少し持つ程度になっていないでしょうか?

実は、分散投資の教訓が有効ではない特殊な環境もあります。典型的な例としては、住んでいる国が「高成長」をしているケースです。日本においては、昭和の時代が、世界的に見て正にその環境にありました。当時の日本は、アメリカなどの西側陣営の中での優秀な工場として大きな成長を享受し、終身雇用という安定した雇用慣行もできあがりました。日本では、通貨の価値、土地の価格、株価、賃金が上がり続け、それは世界と比較して非常に高い上昇率でした。ほとんどの日本人は、日本の学校で学び、日本の会社で働き、日本資産のみに集中投資を続けるという、分散投資の教えに反する日本への超集中投資を(多くの場合、無意識に)続け、その恩恵を享受しました。

元英国首相のチャーチルは「成長は全ての矛盾をおおい隠す」という言葉を残しましたが、その通り、この時代の日本において、人々が分散投資の原則に従わないことは、何の問題も起こしませんでした。しかし、平成の過去30年や、これからの令和の時代はどうでしょうか?高度成長という特殊な環境を終えた日本人は、分散投資の原則を重視すべき、通常の環境に置かれていると考えます。

また、現在でも、分散投資の教訓に必ずしも耳を傾けなくても良い特殊な国が、いくつかあります。代表例としては、過去10年程、世界経済の成長を大きく牽引してきたアメリカです。

アメリカの個人投資家は、アメリカ資産のみへの投資で一生を過ごし、世界に向けた分散投資は根付いていません。それでも問題がない理由は、移民を受け入れるなどで人口が着実に増加し、その潜在成長率が先進国の中でも高いと見込まれていることです。また、アメリカ国債は世界最強の軍事力で守られた資産であり、アメリカ株の動向を決めるアメリカ企業には強力なインセンティブ(アメリカン・ドリーム)で世界中の人材や技術を惹きつける文化が備わっています。ただし、これは特殊なケースであり、アメリカ人の生き方を令和時代の日本の個人が参考にすべきではありません。

現実を受け入れ、分散投資を続けることが、豊かな人生の処方箋

平成以降、日本経済は長らく低成長の環境が続いています。私たちは、世の中というのは基本的に不安定である、そして日本の経済成長率は世界全体より低い水準となっている、という現実を受け入れ、現在の環境を踏まえた行動をとる必要があるでしょう。

上記の現実を受け入れたからといって、悲観する必要はありません。分散投資の原則に従いながら、優良な海外資産に投資していくことで、国内だけの投資では得られない成長を取り込み、世界の中での豊かさを維持することができるからです。資産形成というとアメリカをお手本にすることが多いように思いますが、前述のようにアメリカは特殊なケースであることを理解しておく必要があるでしょう。

大きな広い視野を持って、世の中が不安定であるという現実や日本経済の状況を理解し、分散投資を続けることが、私たちの人生を豊かにするために重要です。人生100年時代、これからも人生と社会を豊かにするための、新しいお金との付き合い方を学んでいきましょう。

 

グローバル資産形成研究所 Institute for Global Investment Learning
人生と社会を豊かで幸せにする投資の本質に関する情報発信。インベスコのグローバルネットワークを活用した情報収集及び調査、各種レポート・コラム・書籍執筆、セミナー講演、社会貢献イベント、など

[所長:加藤航介(かとう こうすけ) プロフィール]
大学卒業後、大手日系運用会社にて、日本株式アナリストとしてキャリアをスタートし、世界株式アナリスト、世界株式ファンドのファンドマネージャー、プロダクトマネージャーなどに従事。米州、欧州、アジアなど世界20ヶ国以上を訪問し、1,000件以上の経済・企業調査を実施するなど、世界を舞台に活躍した実績を有する。また10年に及ぶ欧米での留学・駐在経験から、世界の多様な考え方やライフスタイル、幸せやお金への価値観、ならびにグローバル視点での社会の仕組みについても豊富な知識を持つ。2015年1月、インベスコに入社、2020年2月より現職。米国コロンビア大学MBA(経営学修士)修了。米国公認会計士、ファイナンシャル・プランナー、証券アナリスト試験に合格。「実経験が大切、顧客とは同じ船に乗る」との考えから、自らもグローバルな資産運用を行う投資家でもある。名古屋出身、二児の父。

 

ご注意事項
当資料は情報提供を目的として作成してインベスコ・アセット・マネジメント株式会社(以下、「弊社」といいます。)内のグローバル資産形成研究所(以下「当研究所」と言います。)が作成した資料であり、弊社が特定商品の勧誘を行うものではありません。

当資料の中で記載されている内容は当研究所の当資料作成時点のものであり、今後予告なく変更されることがあります。

当資料に記載された一般的な資産運用に関する情報及びそれらの見解や予測は、当研究所の資料作成時点における見解であり、いかなる金融商品への投資の助言や推奨の提供を意図するものでもなく、また将来の動向を保証あるいは示唆するものでもありません。

また、当資料に示す見解は、インベスコの他の運用チームの見解と異なる場合があります。本文で詳述した本書の分析は、一定の過程に基づくものであり、その結果の確実性を表明するものではありません。分析の際の過程は変更されることもあり、それに伴い当初の分析の結果と重要な差異が生じる可能性もあります。

当資料について弊社の事前の許可なく複製、引用、転載、転送を行うことを禁じます。

本サイトの記事は(株)ZUUが情報収集し作成したものです。記事の内容・情報に関しては作成時点のもので、変更の可能性があります。また、一部、インベスコ・アセット・マネジメント株式会社が提供している記事を掲載している場合があります。 本サイトは特定の商品、株式、投資信託、そのほかの金融商品やサービスなどの勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません。本サイトに掲載されている情報のいかなる内容も将来の運用成果または投資収益を示唆あるいは保証するものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようお願いいたします。 当サイトご利用にあたっては、下記サイトポリシーをご確認いただけますようお願いいたします。