ホーム > グローバル資産形成研究所 > 海外資産への投資で為替リスクに備える!

海外資産への投資で為替リスクに備える!

※インベスコ・アセット・マネジメント株式会社が提供するコンテンツです。

為替のリスクを新しいマインドで考えてみる

今回も、人生100年時代の資産形成における「お金のマインド・シフト」を学んでいきましょう。前回は、社会をより豊かにする「働くことによる社会参加」と、「お金を使うことによる社会参加」の正解は、時代と共に異なることを紹介しました。今回は、資産形成においてリスクが高いと思われがちな「為替」についての新しい考え方を紹介したいと思います。

今までのマインド:
海外投資は、リスクを高める行動である(為替リスクが上がる)
新しいマインド:
海外投資は、リスクを低くする行動である(為替リスクが下がる)

令和時代の日本人にとって、より一層大切となる「海外資産(外国株式、外国債券、外貨預金など)への投資」を進める時には、円とドル、円とユーロなどの「為替」が関わってきます。日々のニュースでは為替レートの変動が報道されますし、それに影響を受ける海外資産への投資について心理的な抵抗となるのが、この為替の存在ではないでしょうか。

そもそも為替とは、異なる2つの通貨の交換比率を示すものですが、その交換比率(為替レート)は、それぞれの国の豊かさの相対感によって変わってきます。例えば、1970年代まで1ドル360円であったドル円の為替レートは、日本が高度経済成長を経て急速に豊かになる中で、1980年代の終わりには1ドル100円程度までになりました(円高)。一方、日本経済の成長率が低かった平成の約30年間のドル円為替レートは、始まりと終わりで、ほぼ同じ水準でした。

では、なぜ、海外資産への投資で、為替リスクを下げることができるのか、その理由について次章で解説します。

輸入品の価格変動などで知らぬ間に為替の影響を受けている

私たち日本人は、日本に住み、海外資産を全く持たずに日本で預貯金だけをしていても、実は為替変動の影響を大きく受けています。以下のような状況の中で、海外から輸入しているモノやサービスの値段が、為替相場によって変わってくるからです。

  • 日本はエネルギーや食料品など、生活必需品の多くを輸入に頼っている
  • 日本の日常には、外国のモノやサービスが溢れている

例えば、毎日の食卓から為替を考えてみましょう。現在、日本の食料自給率は40%弱です。米や野菜などはほぼ自給していますが、大豆や小麦は8割以上を輸入に頼っています。食肉や魚の自給率は半分ほどではありますが、家畜の飼料であるとうもろこしは、ほぼ100%が輸入です。そして、農産物を最も多く輸入している相手国は、米国です。例として、1ドル=100円から1ドル=200円に円安が進むケースで考えてみましょう。このように大幅な円安が進むと、私たちがスーパーマーケットで買う、うどん、そばやパン(小麦が原料)、味噌や豆腐(大豆が原料)、食肉(その家畜の飼料はとうもろこし)の店頭価格は、大きく値上がりする事になります。また、日本は原油についてもほぼ100%を輸入していますので、これも電気代やガソリン代などを通じて、私たちの日々の生活を圧迫します。

このように、ドル・円の為替相場は、私たちの生活に密接に関係してきます。端的にいうと、円安になると、物価上昇により、日々の生活費が増えて家計を圧迫してしまうのです。反対に、円高は日本が海外からモノを買う時の購買力を引き上げることになるので、同じような心配は要りません。

為替というと、短期的な円高や円安などの動きによる金融資産への影響という意味での、為替リスクが注目されがちです。(保有する海外資産の円換算額は円高で減少し、反対に円安で増加します。)ただし、長期の資産形成においては、より長期的な、そして生活などを含めたより広い視点で考えることが大切であると考えます。前章で見たように、長期で見た円高は、日本人が世界の中で相対的に豊かになっていくことであり、反対の円安は貧しくなっていくことです。そして、私たちは金融資産を活用して、この後者の事態にそなえる(リスク・ヘッジをする)ことができます。

それは、お金を海外資産へ投資しておくことです。上記の例で言えば、例え大きく円安が進み輸入している食料などの価格が上昇しても、米国の金融資産をしっかり持っておけば、慌てる必要はありません。

広い視野を持って海外資産への投資を考える

そして生活面まで含めた「為替の本当のリスク」に備えるための正解は、時代によって異なってきます。日本が海外の先進国と比較して人件費が安く、企業の海外進出が進んでいなかった昭和の時代までは、円安が生活に与えるマイナスの影響は、日本から海外への輸出が伸びるという形で国レベルで相殺することができました。

しかしながら、日本が先進国となり人件費が高くなり、人件費が圧倒的に安い新興国に追い上げられている現代には、昭和の時代のような考えはあてはまりません。先進国となった国が輸出していけるものは、為替のサポート(円安)があるから売れるモノやサービスではなく、為替水準に関係なく売れる独自性の高い高付加価値品です。

令和時代の私たちは、自国の通貨安に対するリスク・ヘッジを、国レベルではなく個人レベルで考えて、備える必要があります。それは、海外資産をしっかりと保有することであり、それを当たり前の状態にしておくことだと考えています。

今回は、為替リスクにより怖いと思われがちな海外資産への投資は、時代背景や生活全般を含めて考えると、むしろリスクを下げる行動となることを紹介しました。為替による海外資産の表面的な価格変動に一喜一憂するのではなく、広い視野を持つことが重要なのです。

今の時代にあった、自分達にとって本当に必要な資産を選択する目を持つことが、人生を豊かで幸せにする金融商品選びにおいて大切となります。人生100年時代、これからも人生と社会を豊かにするための、新しいお金との付き合い方を学んでいきましょう。

 

グローバル資産形成研究所 Institute for Global Investment Learning
人生と社会を豊かで幸せにする投資の本質に関する情報発信。インベスコのグローバルネットワークを活用した情報収集及び調査、各種レポート・コラム・書籍執筆、セミナー講演、社会貢献イベント、など

[所長:加藤航介(かとう こうすけ) プロフィール]
大学卒業後、大手日系運用会社にて、日本株式アナリストとしてキャリアをスタートし、世界株式アナリスト、世界株式ファンドのファンドマネージャー、プロダクトマネージャーなどに従事。米州、欧州、アジアなど世界20ヶ国以上を訪問し、1,000件以上の経済・企業調査を実施するなど、世界を舞台に活躍した実績を有する。また10年に及ぶ欧米での留学・駐在経験から、世界の多様な考え方やライフスタイル、幸せやお金への価値観、ならびにグローバル視点での社会の仕組みについても豊富な知識を持つ。2015年1月、インベスコに入社、2020年2月より現職。米国コロンビア大学MBA(経営学修士)修了。米国公認会計士、ファイナンシャル・プランナー、証券アナリスト試験に合格。「実経験が大切、顧客とは同じ船に乗る」との考えから、自らもグローバルな資産運用を行う投資家でもある。名古屋出身、二児の父。

ご注意事項
当資料は情報提供を目的として作成してインベスコ・アセット・マネジメント株式会社(以下、「弊社」といいます。)内のグローバル資産形成研究所(以下「当研究所」と言います。)が作成した資料であり、弊社が特定商品の勧誘を行うものではありません。

当資料の中で記載されている内容は当研究所の当資料作成時点のものであり、今後予告なく変更されることがあります。

当資料に記載された一般的な資産運用に関する情報及びそれらの見解や予測は、当研究所の資料作成時点における見解であり、いかなる金融商品への投資の助言や推奨の提供を意図するものでもなく、また将来の動向を保証あるいは示唆するものでもありません。

また、当資料に示す見解は、インベスコの他の運用チームの見解と異なる場合があります。本文で詳述した本書の分析は、一定の過程に基づくものであり、その結果の確実性を表明するものではありません。分析の際の過程は変更されることもあり、それに伴い当初の分析の結果と重要な差異が生じる可能性もあります。

当資料について弊社の事前の許可なく複製、引用、転載、転送を行うことを禁じます。

本サイトの記事は(株)ZUUが情報収集し作成したものです。記事の内容・情報に関しては作成時点のもので、変更の可能性があります。また、一部、インベスコ・アセット・マネジメント株式会社が提供している記事を掲載している場合があります。 本サイトは特定の商品、株式、投資信託、そのほかの金融商品やサービスなどの勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません。本サイトに掲載されている情報のいかなる内容も将来の運用成果または投資収益を示唆あるいは保証するものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようお願いいたします。 当サイトご利用にあたっては、下記サイトポリシーをご確認いただけますようお願いいたします。