ホーム > グローバル資産形成研究所 > 過去の自分の「思い込み」を変えてみる

過去の自分の「思い込み」を変えてみる

※インベスコ・アセット・マネジメント株式会社が提供するコンテンツです。

過去の「思い込み」を変えるのは何故難しいのか

今回は、人生100年時代の資産形成に関して、過去の自分の「思い込み」を変えてみることの難しさと重要性を、私自身の体験談も踏まえて、ご紹介したいと思います。

思い込みは、自分では気づいていない潜在意識・無意識の事です。海上に浮かんで見える氷山(意識)は、海中に沈んで見えない氷山全体(潜在意識・無意識)の一角でしかなく、我々の行動の約9割は、海の下にあるものに支配されていると言われます。

私たちは、自身の「思い込み」に基づいて行動を起こす傾向にあり、お金の準備に関しても同じだと思います。ただし、「思い込み」を変えることは、誰にとっても簡単なことではなく、私もお金についての「思い込み」を変えるのに大変な苦労をしてきました。その理由は、私たちはついつい、目の前に見えている事例に重きをおき「思い込み」を作ってしまうのですが、そもそも、それに自分ではなかなか気づけないからです。

次からは、私がこれまでの自身の思い込みを見つめなおし、資産運用に自信をもてるきっかけになった「驚き」の経験に関してご紹介します。

グローバルな資産管理への気づき

過去の思い込みを見つめ直すきっかけとなった経験の一つは、イギリスからアメリカに引っ越すにあたり、イギリスの銀行のオフショア口座(金融機関が外国人や非居住者向けに開設する口座。資産運用目的に特化していることが多い)を偶然に保有した時のことです。

その際に、私は、現地の銀行・証券口座の残高が、ボタン一つで瞬時に、複数通貨(英ポンド、ユーロ、米国ドル、スイスフラン、日本円など)へ切り替えられる状態を見ました。

当時、頭に雷が落ちた事を、鮮明に覚えています。私は、自分の資産を「日本円」という一つの通貨に換算して考えることが当たり前でそれで何ら問題ないと、無意識に考えていた事に気づかされました。一方、この口座を使っている海外の個人投資家は、自国の通貨だけではなく、世界の様々な人から見た視点で、自分の資産額やその変化を測っていたのです。つまり、私は自分中心に考える天動説で、この口座の利用者は自身を相対的にとらえる地動説であったということです。

この時から、私の資産運用のゴールは、日本円で自分の資産を長期に増やすのではなく、世界の様々な通貨ベースで自分の資産を長期に増やすのだと、大きくマインド・シフトしました。つまり、グローバルな投資と、グローバルな資産管理は表裏一体である、という大事なことに気づくことができました。

思い込みに気づき正しい行動を取るために

前述の経験は、私の中での為替への考え方が、教科書的で表面的なものから、本質的なものに変わった経験とも言えます。為替の変動で、一通貨に換算した資産額が変動することは問題では無いのです。そもそも、一つの通貨で資産を管理していること、それに疑問を感じずに無意識に資産運用を行なっていることが、本質的なリスクなのです。

思考が変われば行動が、行動が変われば人生が変わるといいます。ただし、お金の話というのは、そもそも話題になりくいセンシティブな話で、自分の思い込みに気づくことが、大変難しい分野であると思います。そして、それにより、正しい行動を取れないことは、とても勿体ないことだと考えます。

人生100年時代に、多くの方がお金の備えの本質に向き合いながら資産運用に臨んでいけるよう、これからも「お金のマインド・シフト」を紹介していきます。


グローバル資産形成研究所 Institute for Global Investment Learning

人生と社会を豊かで幸せにする投資の本質に関する情報発信。インベスコのグローバルネットワークを活用した情報収集及び調査、各種レポート・コラム・書籍執筆、セミナー講演、社会貢献イベント、など

[所長:加藤航介(かとう こうすけ) プロフィール]
大学卒業後、大手日系運用会社にて、日本株式アナリストとしてキャリアをスタートし、世界株式アナリスト、世界株式ファンドのファンドマネージャー、プロダクトマネージャーなどに従事。米州、欧州、アジアなど世界20ヶ国以上を訪問し、1,000件以上の経済・企業調査を実施するなど、世界を舞台に活躍した実績を有する。また10年に及ぶ欧米での留学・駐在経験から、世界の多様な考え方やライフスタイル、幸せやお金への価値観、ならびにグローバル視点での社会の仕組みについても豊富な知識を持つ。2015年1月、インベスコに入社、2020年2月より現職。米国コロンビア大学MBA(経営学修士)修了。米国公認会計士、ファイナンシャル・プランナー、証券アナリスト試験に合格。「実経験が大切、顧客とは同じ船に乗る」との考えから、自らもグローバルな資産運用を行う投資家でもある。名古屋出身、二児の父。

ご注意事項
当資料は情報提供を目的として作成してインベスコ・アセット・マネジメント株式会社(以下、「弊社」といいます。)内のグローバル資産形成研究所(以下「当研究所」と言います。)が作成した資料であり、弊社が特定商品の勧誘を行うものではありません。

当資料の中で記載されている内容は当研究所の当資料作成時点のものであり、今後予告なく変更されることがあります。

当資料に記載された一般的な資産運用に関する情報及びそれらの見解や予測は、当研究所の資料作成時点における見解であり、いかなる金融商品への投資の助言や推奨の提供を意図するものでもなく、また将来の動向を保証あるいは示唆するものでもありません。

また、当資料に示す見解は、インベスコの他の運用チームの見解と異なる場合があります。本文で詳述した本書の分析は、一定の過程に基づくものであり、その結果の確実性を表明するものではありません。分析の際の過程は変更されることもあり、それに伴い当初の分析の結果と重要な差異が生じる可能性もあります。

当資料について弊社の事前の許可なく複製、引用、転載、転送を行うことを禁じます。

本サイトの記事は(株)ZUUが情報収集し作成したものです。記事の内容・情報に関しては作成時点のもので、変更の可能性があります。また、一部、インベスコ・アセット・マネジメント株式会社が提供している記事を掲載している場合があります。 本サイトは特定の商品、株式、投資信託、そのほかの金融商品やサービスなどの勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません。本サイトに掲載されている情報のいかなる内容も将来の運用成果または投資収益を示唆あるいは保証するものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようお願いいたします。 当サイトご利用にあたっては、下記サイトポリシーをご確認いただけますようお願いいたします。